6月13日

こんにちは。elfinです。
ずいぶん前になりますが、調査の一環で植物と鳥をみてきました。
そんなに変わったものはなかったのですが、道ばたに生えている植物も1ヶ月違うとかなりの種が入れ替わってきます。
しかも、イネ科はほとんど見分けがつかない・・・(自分のスキルが足りないだけですが)

画像


オオキンケイギク
これは明らかに、人の手がかかっている場所にあったのですがw

画像


タチアオイ

画像


マメグンバイソウ

画像


マルバルコウソウ

ふと足元を見るといろいろな花が咲いているものですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2009年06月30日 08:25
ご無沙汰しております。
過去記事を見ていたら、いただいたコメント欄にお名前があったので……
オオキンケイギクは特定外来生物ですけど、至る所に咲いていますね。川に行けば、やはり特定外来生物のオオフサモが綺麗な緑色で繁っています。
個々の植物の成長の速さにも驚きますが、外来種の侵略速度もすごいですね。
2009年07月03日 07:50
メンバラさん>
おひさしです。
以前に比べるとネタが少ないです。。。
外来種は困りますよね・・・至る所で増殖している感があります。

この記事へのトラックバック